curiosity3

注目の人

テオドール・クルレンツィスの「異常な」演目と演出@パリ・シャトレ座(モーツァルト『レクイエム』)

予定曲目はモーツァルトのレクイエムのみでしたが、プラスαがありました。音楽の内容もさることながら、そのプラスαの部分のプログラムの立て方や演出が驚くべきものでしたので紹介します。観客の反応はクラシックとは思えない熱狂ぶりで、かなり前のシュトックハウゼンが来日した時の雰囲気を思い出しました。
注目の人

ギレルモ・デル・トロ監督のNetflixアニメ新作『ピノキオ』(2021年)

2021年公開予定のGuillermo del Toro監督の新作『ピノキオ/Pinocchio』は、空想的ミュージカル映画であり、童話の中にある暗さを押し出したものになるという。1930年代のムッソリーニ政権下でファシズムが台頭する時代を背景にしたもので、家族全員が楽しめるものではないかもしれないと、デル・トロ監督はインタビューで語っている。
注目の人

SuperM:K-Pop界のアベンジャーズがファースト・アルバムを発表

SuperMの特徴は、EXO、SHINee、NCT、WayVといった既存のグループで活躍しているメンバーが集まってオールスター的なグループを結成している所にある。そのため、「K-popのアベンジャーズ」と呼ばれる(アベンジャーズでは複数のヒーロー映画のキャラクターがクロスオーバーする)。
世界情勢

インドの排ガス規制バーラト・ステージ6(BS6, Bharat stage emission standards)とは何か?

日本の10倍の人口をもつインドの大気汚染は世界で最も深刻なレベルにあり、大気汚染指数は北京よりもさらに高い。2030年までに全車両を電気自動車とする目標も立てられている。Bharat stage emission standardsと呼ばれる排ガスの大気汚染物質の規制があり、段階的に強化されてきており、2020年4月1日から新しい段階BS6に更新される(バーラト(Bharat)とはヒンディー語でインドを意味する)。
注目の人

サイモン・ベーカー氏(松岡陽子氏(グーグル、パナソニック幹部)の夫)の経歴も凄い

パナソニックのフェローに就任した松岡陽子氏(グーグル、パナソニック幹部)の夫サイモン・ベーカー氏はどんな人なのか?家族構成は?調べてみると、松岡陽子氏に負けず劣らず凄い経歴だったので紹介します。
注目の人

松岡陽子氏(グーグル、パナソニック幹部)の家族構成と異色の経歴:テニス選手からニューロ・ロボティクス研究、そして企業家へ

松岡陽子氏はGoogle Nestの最高技術顧問、グーグルの研究部門「Google X」(グーグルグラスや自動運転の研究などで有名)の共同設立者であり、Appleの幹部も勤めたことがある(医療ソフトウェア関係)。ロボット、AI、神経科学の研究者で、MITで博士号取得、ハーバードで研究員、カーネギーメロン大学助教授、ワシントン大学准教授を歴任し、天才賞と呼ばれるマッカーサーフェロー賞(賞金約5000万円相当)を受賞。その後、三名でグーグルXを立ち上げ、企業経営の道に踏み出す。現在ネストの最高技術責任者。最近はスマートホーム(機械学習する家)関係の仕事をしており、パナソニックでは、IoT(モノのインターネット)の分野での活躍が期待される。
タイトルとURLをコピーしました