サイモン・ベーカー氏(松岡陽子氏(グーグル、パナソニック幹部)の夫)の経歴も凄い

注目の人

松岡陽子氏の夫サイモン・ベーカー氏とは?

パナソニックの幹部となった松岡陽子氏は、前回書いたように、有力なテニスプレーヤーに始まり、「天才賞」を受賞したニューロ・ロボティクス研究者、さらにグーグルの研究部「Google X」の共同創業と、ダイナミックに転身しながら次々と成果を出して行く、異色かつ華麗な経歴の持ち主だった。

しかし、その夫サイモン・ベーカー氏も負けず劣らずすごい経歴のようです。その略歴を列挙してみると、

  • ケンブリッジ大学(数学学士)
  • エジンバラ大学(コンピュータサイエンス修士)
  • コロンビア大学(コンピュータサイエンス博士)
  • カーネギーメロン大学ロボティクス研究所(助教)
  • Nest(アドバイザー)
  • マイクロソフト(主任研究員)
  • NVIDIA(特別エンジニア)

このように、名だたる大学や企業で活躍しており、ある意味松岡氏と似たような経歴といえるでしょう。

二人はどこで出会ったのか?

二人の経歴で共通するのは、ロボティクスの研究者である事、そしてカーネギーメロン大学とNestとの関係です。

ここから察するに、カーネギーメロン大学での助教時代に同じような立場で同僚だったのではないかと推測されます。

まさに二人三脚でやってきたのではないでしょうか。

松岡氏、ベーカー氏の家族構成は?

子供は四人、最初の子は双子という情報もありました。

松岡氏は子育てのために西海岸に移住したこともあるそうで、仕事だけでなく家庭も重視しているようです。

凄すぎますね。

他の「注目の人」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました